拭き漆家具工房「岳了」は、
廃校した小学校内に工房があります。
木工家2人と2匹のねこが
ほっこり活動中です。

工房の作品はこちらから↓

ねこ家具&商品一覧

ねこ小物

haru木のアクセサリー

松土忠の拭きうるし家具
松土忠の拭き漆家具

工房は通常営業しておりますが、納品等で不在の日もございます。
お電話にて前日までにご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拭き漆家具工房「岳了」 作家紹介

松土 忠  tadashi mastudo

1953年、群馬県前橋市生まれ。
同志社大学文化史学専攻。学生時代は京都の古き建造物、美術品に触れて過ごす。その頃から全国を旅して歩き、30代の頃は、日本全国の河をカヌーで下ることに没頭。カヌーを操るだけでは物足りなくなり、北海道にてカヌー制作技術を修得した。これが木工への第一歩となる。その後、高崎産業技術校インテリア木工科にて家具製作を学び、赤城工房にて工房活動開始。現在は拭きうるしにて、注文家具制作を行っている。
毎年2月には、北海道に原木を買付けに行っている。入札する木については、木が向こうから呼び止めてくれるそうだ。「木が俺を使ってくれって言ってくる。そういう気になる丸太を入札しているだけ。相性がいいかどうかってことでしょ。人間と同じ。」と語る。作品制作では焦らずじっくり納得いくまでひとつの仕事に集中する。「漆を塗っている時が一番楽しい。」という。ゆっくり時間をかける”拭き漆”との相性もいいようだ。
最近の楽しみは今年から始めたという家庭菜園。本当に初めてなのかと思うほど上手に丁寧に育てており、本当は農家が一番向いてるんじゃないかと噂されている今日この頃である。
★性格・・・工房の♂猫・あかちゃんによく似ている。あかちゃんは、素直で我慢強く、さりげない存在感の猫。些細なことはなんにも気にしない広い心の持ち主である。のんびりしていながらも、やる時はやるタイプ。
★好きなお酒・・・栗焼酎・ダバダ火振り
★好きな映画・・・「仁義なき戦い」
★最近のブーム・・・スポーツジム通い。主にエアロバイクと筋トレ。山歩き
★得意料理・・・自家製野菜を使ったパスタ

haru

群馬県渋川市出身。(旧)北関東造形美術専門学校グラフィックデザイン科卒。高崎産業技術校インテリア木工科を卒業後、赤城工房のメンバーとなり松土氏に師事。拭き漆を習う。自らデザインしたものを形にしていく事が好きで、猫好きがこうじて猫木工を中心に小物制作をしている。木に絵を描くような感覚で作品を作りたいと思っている。最近は工房のオリジナル作品をディスプレイして心地よい空間をデザインすることに興味あり。また、工房のサイト制作+運営も担当、未熟ながらもこだわりながら、結構楽しくやっている。工房の仕事の傍ら、なかなか更新できないでいる、なりきりWEBデザイナー。家の室内ネコ5匹と、工房ネコ2匹を溺愛中。
★好きなこと・・・スウィーツバイキング、ビュッフェで好きな物を好きなだけ食べること
★猫の中でも白猫は特別な存在です。自宅の白猫シューちゃんは、白いというだけで全てが許されているわがまま猫。猫侍にはまってます。

赤城工房について

棚下小学校は明治40年に、地元の村民が民営で建設した木造校舎です。戦争を潜り抜けた校舎はいまも健在していますが、少子化の影響により、1998年に廃校となりました。 1999年、棚下小学校の廃校後の再利用として、木工家メンバーにて、「赤城工房」設立。その後、木工にとどまらず、絵画・陶芸・染色等のクラフト活動の場として地域と共に歩んでおり、現在は木工家4名絵画1名のクラフト作家が参加しており、私たちはそのうちの2名です。2004年より、工房外のクラフト作家も参加しての工房展「蘇る心の風景」を毎年11月第2金土日曜日に開催しています。是非お出かけ下さい。

廃校になった小学校で暮らす「あかちゃん」と「あおいちゃん」のフォト日記です!

工房ブログ

「木工ネコのほほん日記」
ねこ話、木工話、工房の日常
工房ブログはこちら。

今までの作品展です↓

高島屋アートギャラリー
目黒雅叙園百段階段
旧棚下小学校での工房展
高崎シティギャラリー
伝統工芸館etc...

ねこ好きさん必見!
「gaku-ryou2」の
オリジナルねこzakka ↓

猫家具

ねこ木工zakka
かわいい猫家具を作りたくて。
不定期ですがやってます。